高単価がでる 着け待ちポイント を紹介 東京で働く タクシー運転手 上野編 

はじめに


東京で働く タクシー運転手のブログです

タクシー運転手の給料は 歩合制

いただいた代金の50% ~ 60% が給料です

ですので 売り上げ 代金の高い 長距離利用のお客をいかにゲットするか

が重要になります

タクシー運転手向けの記事になります


着け待ちとは・・?




にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


おおくは 路上に停車して お客さんを待つ行為

タクシー運転手は 繁華街など 小道の 出入り口

などで 車を停車して お客を待っています

基本的には違法

ですが 運転席に乗っていれば すぐ動かすこともできますので

多くのタクシー運転手は 着け待ちをするのが当たり前です

着け待ちをしなければ 売り上げは上がらないのではないのでしょうか・・?

そんなことはないのですが 体力には限りがあります

効率よく 高単価をゲットするのにこしたことはありません









新人のうちは ガムシャラに走り回って お客を拾う方法が いいとされていますが

ベテランなどは 時間帯によって 着け待ち 流し営業を併用します

高単価のお客さんを狙うのが 体力的にも 楽ですし

効率も上がります

多くのポイントをいかに把握するかが 重要になってきます



上野エリア 着け待ちポイント ①





今回は 上野エリア 着け待ちポイントを紹介していきます

日中 流しでもいいのですが 電車のガード下 中央通り (秋葉原に向けて)

横断歩道の手前 着け待ち

ここは 中距離も出るらしく

早い時間から 着け待ちしている タクシーがいます

深夜帯などは アメ横で飲んでた人が出てきます


私の経験からは 埼玉方向など ひいたことはあります







上野 着け待ちポイント ②



こちらは 主に 青タンと言われる深夜帯の時間に有効です



上野の着け待ちポイントと言えあば 運転手に有名な

ビビンバハウスまえ 信号

ここは有名です

左側が 飲み屋街ということもあり

ビビンバハウス前の信号を先頭に左側 タクシーが着け待ちをしてます

千葉方向がよくでて

3万円越えのお客もちらほら


多いのは 錦糸町から高速パターンです

向かいのドンキホーテ前も 着け待ちしているタクシーが多いです

こちらは 飯田橋から高速のパターンみたいです

個人タクシーの人が多いイメージでしょうか

会社の接待が多いエリアです


上野着け待ちポイント ③



こちらも青タン(22時~5時)に有効


中央通り 上野公園向きで

タクシー乗り場があり

広小路の交差点左折から 並んでいます

多くの車は タクシー乗り場を無視し

仲町通りの入り口でお客さんを待っています

不忍通り沿いも 人気の着け待ちポイントみたいで

ロング客も多くでるとうわさです

ほか

春日通り 御徒町駅周辺で着け待ちも有効みたいですが

多くの運転手は やっぱり 広小路周りの飲み屋のお客さんを狙うのが一般てみらしいです









まとめ


着け待ちという タクシー運転手のお客さんマチ テクニックというか

営業方法 昔から あるやり方みたいですが

とくに 上野エリアは 警察の巡回もよくされるエリアで

路上での客待ち行為をきびしく 指導しているエリアでもあります

警察からの指導があった場合はすぐに 移動をしなけらばいけません

ですが お客さんも タクシーがいると 認識されているエリアになりますので

営業のツールの一つとして おぼえて損はない 着け待ちポイントです

ロング率高い場合もおおいみたいですので 覗いてみて損はないかと思います





コメント