サイトを検索

専門家サイト

整体とマッサージはどこが違うのか

整体とマッサージでは痛みの度合いに対して自分でどちらに行ったら良いのか、選ばなければなりません。

実際にどの様な人が、治療をしてるのか、施術のやり方も詳しく見ていきたいと思います。



◼️ 整体について

病院で診察された後、レントゲンやMRIを見ても異常が見当たらない。

それなのに痛みやこり、他には痺れなどの症状が収まらなくて、慢性的な症状の緩和をするために行くことになります。  

ここでは体を揉んだり骨格のずれを手技を使って元に戻し、筋肉を緩ませてこりをほぐしていきます。

全体的な体のバランスをとることにより自然治癒力を高めて治していきます。

例えば膝関節症と診断されて病院でヒアルロン酸注射を打ちます。

関節の動きを良くするために打ちますが全ての人に効果が有るわけではありません。

その場合整体に行きますと骨盤の歪みにより大腿骨や脛骨に他の骨が擦れている場合、痛みが出るので骨の位置を戻すことにより症状が良くなるケースもあります。

実際に施術を行っている人は国家資格はありませんが民間の資格を持っている方たちです。

カイロプラクティックの資格を持っている人も手技を使うので、整体師と名乗ったりします。

カイロプラクティックはアメリカ発祥の技術でアメリカでは医者と同じように国家資格となっています。

◼️ マッサージとは 

大まかに分けると二種類あります。

1つ目は国家資格のあん摩マッサージ指圧師の資格を持たれた人です。こちらは病院や治療院で仕事をします。

筋肉を揉んだり、叩いたり、ツボを押したりして、不調な箇所の血の流れを良くして自然治癒力を高めて治していきます。

国家資格の医療従事者が行うので保険適用の施術もあります。  

本来はマッサージというものは医療用語なので、国家資格を持った人しか使えないのですが、現在はマッサージと言うと、体のある部分が痛くて、辛いから筋肉のこりをほぐすために行く様なお手軽るなお店も出てきました。

二つ目は、こりをほぐす為の専門店、サロンについてです。 

こちらはリラクゼーションを目的として行われます。

資格は民間の資格があります。 

ベッドに寝てもらい、体の一部ではなく全体をマッサージします。

日頃の疲れを取るために利用する人が多いのではないでしょうか。  

揉んだりツボを押したりすることによって血行を良くしてリラックスしてもらいます。

定期的に行うことによって慢性的な筋肉疲労を防ぐ効果もあります。 

少し疲れが溜まってる時に手軽に利用することが出来るので便利です。  

◼️まとめ  

症状に応じて自分で選ぶ場所を選択することが大切になってきます。

誰にとっても体は資本なので口コミや実際に通っている人に話を聞いたりして自分に合った場所を選ばなければなりません。  

大まかに、専門的なところに行くなら整体で、少し体調が悪いぐらいならマッサージという使い分けでも良いのですが、不調にも様々あり施術をする人にしても、これで治せるとは一概には言えません。

人それぞれ痛みが違うからです。

それなので、様々な症状に合わせて診療所やサロンが増えてきてるように思います。

親身にお客さんの事を考えてやって頂けるそんな整体やマッサージを選びましょう。   

ユーカリオステオパシー 

〒569-0066 

大阪府高槻市中川町5-60 

https://eucalyosteo.com/

コメント